新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

セーフティーネットを利用して賃貸物件の満室にしょう!

      2013/09/21

セーフティーネット

 

民間賃貸住宅の質の向上を図るとともに空家を有効に活用する。という趣旨です。

 

内容は、空家部分において実施する改修工事と共用部分において実施する改修工事について、改修工事費用の1/3(空家戸数×100万円)となっています。

 

1戸の空室があり、共用部分の改修と空室部分のバリアフリー改修工事・省エネルギー改修工事を行うと国より補助金が助成されます。

 

たとえば、共用部分の外壁や共用部分の廊下などを直し、空室部分の省エネルギー改修の窓の断熱改修や節水型トイレ設置をした場合に助成されます。

 

数字で説明すると共用部分が200万円かかり、空室のトイレ設置は20万円の工事だったとすると合計220万円となり73万円が補助されるということになります。

 

3部屋あれば、最大で300万円まで補助されるということです。

 

あくまで、民間賃貸住宅の質の向上となっております。外観や室内の整備をして、入居率を上げるということです。

 

このような補助金を不正に受給しようとする人もいるので年々条件が厳しくなっています。

 

正しい方法・正しい申請で補助金を受給するのは当然の権利です。

 

実は、この申請が面倒なんですね。書類の提出は細部に渡り、調べられます。当然期限などは厳守です。

 

次の応募・交付申請の提出期限は12月27日になります。

 

空室にお困りの方や古くなってしまったマンションやアパートをお持ちの方は是非、ご相談下さい。

 

いつこの補助金が無くなるかわからない状況です。

 

きっと良い工事にできることになります。

 

 - 補助金・助成金