新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

新潟リフォーム助成金について

      2016/01/30

22379108936_09b4029d2e_k

あなたのワンちゃんの足は大丈夫?

私の家には4歳になる女の子のコーギーがいます。室内で家族とともに生活しています。

コーギーを知っている方はお分かりになると思いますが足がとても短いのです。

 

獣医の先生からは短足犬は足腰に負担が大きくかかるので歳をとってからよりも今から階段の昇り降りや床の滑りなどには気をつけるようにと言われました。

どうやったら足に負担をかけないで室内で一緒に生活できるのか?といろいろ調べました。

そして、見つけたのが「滑らない床材」だったのです。
「滑る」といことは足に大きな負担がかかっているということです。

車ではスリップということがありますが、負荷をかけて止めようとしても止まらない。または止まろうとするために滑ってしまうということです。

ワンちゃんにも同じことが言えるのです。勢い良く走りだして止まると、滑って余計な負荷を足にかけて止まるということが滑る床ではおきているのです。

普段の室内での生活で毎日行われている「滑る」ということが足の短いワンちゃんには負担が毎日かかっているということなんです。

では滑らない床材とは?どうゆうものなのでしょう。私達が「洋室」で普段生活しているときに使用されているのは一般には「フローリング」と言われるものです。

この一般的なフローリングに特殊な樹脂を塗布して、爪でひっかいたりしてもキズが残らずオシッコなどの匂いにも水拭きしただけで対応できる床になっています。

各メーカーからもいろんな種類がでていますのでホームページなどで確認することも可能です。

新潟市ではこの普通の床材を滑らない床材に変更することで新潟市の助成金を利用することができます。

工事金額の合計が10万円以上の工事でバリアフリーリフォームなどの新潟市の基準を満たす工事を行うと10万円を上限に工事金額の1/10が市から助成されるというものです。

さっそく友人や知人に「こうゆうのあるけどどう?」と聞いたところ。数件の工事の依頼をうけました。

我が家のように足の短い犬種や身体が弱ってきているワンちゃんがいらっしゃるご家庭には必見です!

この機会に新潟市の助成金を利用して床材を補修してみませんか?

明日はこの新潟市の助成金についてもう少し詳しくお話したいと思います。

 - リフォーム, 補助金・助成金