新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

用途や工事の規模等で変わる用語

      2016/02/10

home-963347_1280

住まいに興味のある方なら一度は聞いたことがあると思うのですが「リフォーム」という言葉と「リノベーション」という言葉を耳にしたことがありませんか。

どちらも同じ様な意味で使われていると思うのですが、この2つはどう違うのかおわかりでしょうか。

リフォームの業者によっては同じ様な意味で使っている所もあるみたいですが、具体的には少し意味合いが違います。

まずは馴染み深い言葉である「リフォーム」の意味ですが、家の古くなった部分、壊れた部分を最初の状態に直す事、元に戻す事を基本的には指しています。

比較的に工事自体も規模の小さい物を指していて、玄関のタイルを張りかえたりとか、壁紙を張り替えたりとかそういった小さい規模の物をリフォームという様に呼んでいます。

要は少しずつ壊れた、または不具合が出た箇所を直すということから「リフォーム」といわれていることが多いです。

対して「リノベーション」ですがもともとあった家の状態をそれ以上に家を改築すると言う様な意味で、もともとの家以上の家に作りましょう。といった感じになります。

例えば家で残すのは枠組みだけで(マンションでも同じです)水回りの位置を変えたり、階段を別な場所に変えたり、土台自体も替える等、工事の規模としては大きな物になります。

大規模な修繕工事といったところでしょうか。

ここまでやったら作り変えた方が早いんじゃないかと思いますが、枠組みがあるだけでも金額的にも負担は軽くなりますのでリノベーションで済ますという人も多いです。

またリノベーション以上の工事で、建物の用途自体が変わってしまう物に対しては「コンバージョン」と言う様に呼ばれています。

用途というのは「一般住宅を店舗にしたり、貸家にしたり」といった、建物の使用状況が変わることをいいます。

リフォームやリノベーションとどこが違うかわかりますでしょうか。

さらに詳しくお話すると、コンバージョン建築とは、既存建物の用途を変更し、全面改装を施して新しい建物へ再生させる手法です。

採算の合わなくなったオフィスビルのほか、歴史的建造物を商業施設として甦らせ、人を集めている例もあります。

リフォームやリノベーションとやる事は同じなのですが、変わってくるというです。

ご自身のお住まいの状態によってはリフォームにするのか、リノベーションにするのか、リフォームの業者の方と相談して決めていくと良いでしょう。

美容室やクリーニング店などの自宅兼店舗といった住宅はとくに注意が必要です。なぜかというと、お店部分と住宅部分との割合によっては、たとえ簡単なリフォームでも届け出が必要になってくるからです。

これを最初に業者に言っておかないと、工事が始まってから行き違いがおこって、あとあとのトラブルになりかねません。

最近はSOHOなどといって、自宅でお仕事をされている方も多くなりました。事務所登録などをされている場合は、リフォームすることで補助金がでる場合もありますので事前に相談されてくださいね。

 - リフォーム