新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

リフォームの一般常識

      2016/01/22

doorway-690338_1280

「リフォーム」と言うと普通はお住まいの悪くなった部分を取り換えるとか、直すとかそういった事を指している言葉という様にとらえられていると思います。

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。

しかし、専門的には悪くなったところばかりではなく、壁紙を張り替えたり、ドアを取り変えたりするのもリフォームと言う様に呼んでいます。

一戸建てに住んでいる場合、家に何十年も住んでいたらどうしてもいろんなところが傷んできてしまいます。

この時に悩むのが業者に頼んでリフォームしてもらおうかとか、そこにお金をかける位ならいっその事もう少しお金を出して建て替えてしまおうかとか悩むと思います。

実際に費用の面だけで見てみると、よほど建築したからの年数が経っていたり、基礎や土台が古くなっていなければ、建替えて新築するよりもリフォームの方が割安で済みます。

また考え方が少し変わって元々新築で済んでいた家をリフォームすると言うリフォームの他に、中古物件を購入してリフォームをした上で住み始めるという様なリフォームの方法もあります。

ただし、リフォームの場合は1回だけすればいいということではありません。長年住んでいくとどうしてもいろいろなところに不具合が生じてくるのはいなめません。

ですので、リフォームを考えた場合は、とくに水回りなどは何回かにわけてリフォームするよりも、水回りをまるごとリフォームしたほうが費用がおさえられます。それは、配管や水道工事がいっぺんにできるからです。

外壁や屋根の工事も同時がいいです。足場をかけたりするのが二度手間にならないからです。一度かけて、また次回にやることになると、二重に金額がかかります。

とはいっても、数十年も同じお住まいに住んでいたら、もっとさまざまなところを修繕しなくてはいけなくなることもあります。

こうした場合はリノベーションというかたちをとることもできます。リノベーションとは「既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。」

一般的にはリノベーションとリフォームに関しては業者でもたらええ方が違います。リフォームを得意としているのか。リノベーションを得意としているのかによっても考え方や施工方法が違います。

きちんとリフォームへの思いを話して、対応してくれるかどうかを確認して業者と相談して決めていくと良いと思います。

どちらにしてもリフォームに関しては大きいリフォームから小さいリフォームまで色々ありますね。よく考えて一番良い方法で家を改修していけるよう弊社でもお手伝いさせていただいております。

お気軽にご相談くださいね。

 - リフォーム