新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

暖房の技術とコスト

      2016/01/06

cutted-226564_1920

家電は家の中のいろいろなところにあります。 暖房器具も多くの人が恩恵を受けているはずです。 その仕組みは毎年のように技術革新が行われており、電気代の節約に一役買っています。

昔のエアコンを大事に使うよりも、最新型のエアコンを新規購入した方が電気代は安くなりますし、環境にも良いと言えるのです。 電気代を節約することは、東日本大震災以降にその傾向が強まってきています。

もちろん、それ以前でも太陽光発電を自宅の屋根に取り付ける人が増えていました。 エアコンで部屋を効率よく暖めることができれば、電気代の節約に確実につながります。 メーカーはその技術力を競っているのです。

消費者もできるだけ節約効果の高いものを求めるようになってきました。 エアコンだけではありません。 カーペットや電気ストーブ、床暖房など暖房器具はいろいろな種類があります。 電気だけではなくガスや灯油もあります。

どの暖房器具を選択するかは、なかなか難しい問題です。 正解があるわけではありません。 実際に使用してみて判断するしかないのです。 私たちの生活は電気によって非常に便利になりました。 しかし、電気を惜しみなく使う時代は終わったのです。

少ない電気代でより効率よく暖房をすることが求められているのです。 エアコンだけではなく床暖房を併用するなどのアイデアは節約の観点から出てきたものです。 一つの機器で達成できないならば、合わせ技を使うと言うことです。 技術が進歩して熱効率が上がっても、消費者はそれ以上のものを求めています。

そこで暖房器具を購入する時に気になるのがコストです。 電気製品なら電気代がどれだけ節約できるかが、器具選択の重要なポイントとなります。 もちろん、電気代だけで比較してもいけません。

ガスや灯油はその年によって価格が大きく異なりますし、電気代は原子力発電の停止によってかなりの値上げが予想されています。 いずれにしても、暖房をぜずに我慢するわけにはいきません。

どうやって電気代やガス代を節約するかを考えなければならないのです。 暖房器具の熱交換効率も一つの目安ですが、部屋の断熱性能も重要です。 つまり、いくら空気を暖めても隙間風が入ってくると寒くなってしまうからです。

一般的に北海道などの寒い地域では部屋の密閉度は高いと言われています。 そのため、一度暖めた空気はしばらくの間冷えることがありません。 エアコンなどの電気製品では外気温が上がると出力を抑えるようになっています。

部屋の温度を一定に保つ仕組みが働くのです。 そのため、電気代を節約することができるのです。 もちろん、設定温度を下げておけばそれだけ節約効果は高くなります。 クールビズやウォームビズが流行っていますから、会社での設定温度はこれまでよりも抑え気味になっているでしょう。

家庭でも電気代節約を推進してください。 目安としてはコストの高い順にエアコン、灯油ストーブ、ガスストーブ、電熱ヒーターとなります。 ただし、それぞれの燃料の価格によって順番は入れ替わる可能性があります。

 - リフォーム