新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

輻射熱暖房と電気代

      2015/11/24

spring-276014_1920

輻射熱を利用した暖房器具がたくさん販売されています。
電気代を節約すると言う観点からも暖房器具の選定は重要となります。

輻射熱とは遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱の事をいいます。

太陽の光と同じように暖房器具から出される赤外線があたっている場所が暖かくなります。

エアコンと輻射熱を利用したセラミックヒーターを比較してみましょう。
ここで重要なのは体感温度です。

空気を暖めるだけのエアコンよりも本体が暖かくなるセラミックヒーターの方が体感温度は高くなります。

それは遠赤外線が体に当たり、温かく感じるからです。
セラミックヒーターの方が電気代は節約できるのはそのためなのです。

もちろん、空気を暖めることも重要なことです。セラミックヒーターの場合は近くにいないと暖かさを感じないと言うデメリットがあります。

室内での家族の生活パターンを考慮して暖房器具を選定するようにしましょう。

セラミックヒーターは空気を暖めるのではなく壁や体を直接暖めてくれます。
部分的な暖房器具です。

人が部屋の中で生活する時、どこの位置で過ごすことが多いのかを考えてみましょう。

セラミックヒーターの特徴はスイッチを切った後もしばらく暖かい状態が続くことです。

熱せられたものがすぐに冷えないことは誰でも知っていますね。
余熱でも十分な暖房効果があります。

輻射熱を利用した暖房器具はセラミックヒーターだけではなく、オイルヒーターなどもあります。

部屋の構造に合わせて、最適なものを選びたいものです。

しかし、実際にどの程度の暖房で電気代がどれくらいになるのかを知ることは容易ではありません。

寒がりの人と暑がりの人では電気代の使用料も違います。

電気代を優先するのか、家族の健康を考えるのか。
高齢者や小さいお子さんがいる家庭でも考え方はまちまちです。

どの暖房器具を使ったらわが家にはいいのか。使ってみて、やめてみて違いはあるのか。

いろいろためして検証してみるのもいいかもしれませんね。

 - リフォーム