新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

ストーブの比較

   

スクリーンショット 2015-11-13 15.23.00

暖房器具の代表であるストーブにはいくつかの種類があります。

電気だけを使用する電気ストーブ、灯油を燃やす石油ストーブ、灯油を燃やして熱風を作るファンヒーターです。

電気代と灯油代のどちらが高いかは、その年の石油の価格に関わっていますから、一概には言えません。

石油ストーブは電気を使いませんから、電気代の節約はできます。

しかし、ファンヒーターの方が暖房効率は高いため、灯油の消費量を比較するとファンヒーターがいいでしょう。

また、火事の心配をするならば、どうしてもファンヒーターに軍配が上がります。

ただし、石油ストーブはやかんで加湿することができますし、赤い炎が体感的な温度を上げてくれます。

ストーブの前にいると気分的に暖かくなるのです。
石油ストーブは温度調節がありませんから、常に灯油を消費しています。

それに比べてファンヒーターは設定温度で灯油の消費量を加減してくれますから、節約効果は高いです。

また、ファンヒーターの電気代はエアコンなどに比べると格段に少ないですから、電気代は気にする必要はないでしょう。

マンションなど密閉度の高い部屋では石油ストーブを禁止されているところもありますので、ファンヒーターが好まれます。

製造メーカーによって製品にばらつきがあります。
購入する時にはカタログスペックを十分確認してから購入するようにしましょう。

ワット数や灯油の消費量もかなり違います。
見た目は同じですが、中の仕組みが違うのです。

 - エコポイント, リフォーム