新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

暖房費節約の工夫

      2015/11/13

ceiling-fan-1016677_1920

暖房にかかる電気代や灯油代を節約したいと考えている人は多いのですが、節約のための工夫をすることが大切です。

暖房能力を維持しながら電気代を節約することは、工夫することである程度までは達成できます。

工夫のポイントを紹介しましょう。

まず、灯油と電気代はどちらが高いかと言いますと電気代が高くなります。
しかし、灯油ストーブにはいろいろなデメリットがありますから、エアコンを好む人が多くなるのです。

炬燵とホットカーペットを比較すると、ホットカーペットの方が電気代は高いイメージがありませんか。

実はどちらとも言えず、使い方によっては炬燵よりホットカーペットの方が節約できる場合もあります。

暖かい空気が上に集まることは常識ですから、部屋の空気を撹拌させると、体感温度が上がりますから、電気代の節約につながるのです。

夏場に使う扇風機を撹拌のために使用している人も多いことでしょう。
扇風機の電気代はエアコンに比べると無視できる程度なのです。

不思議なものですが、電気を使っていることが目に見えていると非常に無駄を感じてしまいます。
しかし、実際に消費している電気量を考えるようにしなければなりません。

カーペットで簡単に暖房効果を上げる手段として、暖房面積をこまめに切り替えることや断熱マットを使用することがポピュラーになりました。

節約すると言うことは無駄を省くことです。
誰もいない部屋を暖めないと言う考えでいろいろと工夫してみましょう。

 - エコポイント, リフォーム