新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

インテリアデザインのお話

   

artisan-895670_1280

インテリアデザインを職業にしようと考えている人は、その基礎的なことから学ばなければなりません。デザイン関係の学校に行くことも必要でしょう。

 
リビングのデザインの場合、様々な要素を加味しなければなりません。それはリビングの使用用途が多岐に渡っているからです。
リビングのインテリアデザインとして家具の選び方を考えてみましょう。

 
リビングに限らない基本的なことですが、家具を配置する時には、ドアなどの開口部の位置を考慮しなければなりません。
ドアを開けた時に家具とドアがぶつかることがないか確認しておくことです。

 
採光や通風もチェックしておきましょう。
リビングは家族が寛ぐための空間です。

 
必要となる家具も多くなる傾向にあります。また、人の移動が激しい場所でもありますから、人の動きも考えておかなければなりませんね。スペースが十分にあればいいのですが、そのようなリビングばかりとは限りません。

 
日本家屋でもリビングにはソファを置くことが一般的になりました。ソファはデザインよりも機能性を重視する方がよいでしょう。
ソファとテーブルとの間隔も重要ですね。

 
立ったり座ったりがスムーズにできなければなりません。ソファにはL字型、対面型などがあります。部屋に合わせた配置を考えましょう。

 
無駄なスペースを作らず、有効活用するためにL字型が好まれるようですね。人が座った時に会話が弾むように斜め方向に座るのもいいですね。お客様を迎えることを考えれば対面式となります。

 

時代とともにインテリアコーディネートは変わります。ですから、インテリアコーディネートを考えている人は、多くの情報を収集する必要があります。

 
現代の流行に敏感なだけではなく、昔から行われてきた家屋のインテリアについての知識を持っておかなければならないからです。
その地域によって部屋の間取りは異なっています。

 
現代風の家ばかりではないのです。インテリアデザイナーとして活躍している人の話です。インテリアを考える時には食を考えなければならいと言うことです。

 
もちろん、食事はダイニングが基本ですが、リビングでもおやつやコーヒーを飲むことが多いでしょう。そのことをイメージしてリビングをデザインすることです。

 
その部屋で家族がどのような行動を取るかをイメージできれば、コーディネートはできたようなものですね。

インテリアデザインの基本を学んだ後は、人のコミュニケーションの取り方や職に就いて考えてみましょう。

 
インターネットにはインテリアに関する情報がたくさんあります。また、日本各地にショールームもあります。実際の家具などを見ることで、その機能性を確認することができるでしょう。

 
最近はパソコンを使って、部屋の模様替えのシミュレーションができるようになりました。
壁紙の色や家具の位置、光の入り方など、簡単にバリエーションを考えることができるのです。

 
リビングは日常生活のかなめです。

 
家族の雰囲気がリビングの雰囲気を作り出していると言えます。
デザインスクールのプレゼンテーションを見て、自分の技術力を高めましょう。

 - インテリア, リフォーム