新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

リビングの収納と役割

      2015/10/20

bookcase-620763_1280

リビングの役割は家の中で一番大切です。

家族の寛ぎの部屋ですが、お客様を招くための部屋でもあるからです。

リビングの雰囲気を大切にするために、インテリアにこだわる人は多いのです。

しかし、生活していると雑多なものが増えてきます。

そこでリビング収納が注目されているのですね。

収納のためのインテリアを新たに購入することは、リビングの雰囲気を壊すことになります。

付け足すのではなく、引き算するくらいがちょうどいいのです。

そこでどのような収納を考えればよいかを見てみましょう。

まず、リビングにどのようなものがどれだけあるのかを知ることから始めましょう。

収納スペースには限りがあります。

あなたが悩んでいるということは、スペースに対して物が多すぎるということです。

別の収納スペースを考えるか、物を減らすしかありません。

一般に収納上手な人は物を捨てることが上手な人です。

物を捨てずにいたら、誰でも収納ができなくなってしまうのです。

付け足さず、減らすことですね。

それから、お客様を通すための部屋としての注意点です。

第一印象が大切なことは誰でもわかっていることでしょう。

リビングも同じです。

その部屋で一番目立つところをすっきりさせることです。

すべての収納を完璧にすることは容易ではありません。

そこで一か所だけを重点的に片付けるのです。

これで印象が大きく変わるはずです。

それから、見た目をすっきりさせるためには、棚などに物を押し込まないことです。

本棚なども同じです。

100%よりも、少々減らして余裕があるくらいが見た目がいいですね。

すき間があると、なんとなくすっきりするのです。

すき間を作れば、それだけ収納量は減ってしまいます。

しかし、リビングは収納場所ではないことを再認識しましょう。

そのためにはあなたの家のリビングの役割を考えてみませんか。

 - リフォーム