新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

リフォームとリノベーションは違うのか。

      2015/10/04

21134966795_6e64c4b271_z

よく「リフォーム」と言う言葉と「リノベーション」と言う言葉を耳にすると思います。

どちらも同じ様な意味で使われると思いますが、この2つはどう違うのか分かるでしょうか。

業者によっては同じ様な意味で使っている所もあるみたいですが、具体的には少し意味合いが違います。

まずは馴染み深い言葉である「リフォーム」ですが、家の古くなった部分、壊れた部分を最初の状態に直す事、元に戻す事を基本的には指しています。

比較的工事自体も小さい物を指していて、玄関のタイルを張りかえたりとか、壁紙を張り替えたりとかそう言った小さい規模の物をリフォームと言う様に呼んでいます。

対して「リノベーション」ですが元々有った家の状態以上に家を改築すると言う様な意味で、元々の家以上の家に作りましょうと言った感じになります。

例えば家で残すのは枠組みだけで、水回りの位置を変えたり、階段を別な場所に変えたり、土台自体も替える等、工事の規模としては大きな物になります。

ここまでやったら作り変えた方が早いんじゃないかと思いますが、枠組みがあるだけでも業者の負担は軽くなりますのでリノベーションで済ますと言う人も多いです。

またリノベーション以上の工事で、建物の用途自体が変わってしまう物に対しては「コンバージョン」と言う様に呼ばれています。

やる事は同じなのですが、用途や工事の規模等が違う事によって呼び方も変わってくるということですね。

ご自身の家の状態によってリフォームにするか、リノベーションにするか、業者の方と相談して決めていくと良いでしょう。

住宅にリフォームを加えるとなると多額の費用がかかってきますよね。

そんな時に便利でオススメしたいのがリフォームローン等ですが、他のローンよりは条件面で良いとは言われていてもやっぱりローンですのでメリット・デメリットが存在します。

その為に条件が良いからと言って簡単に手を出さない様にする事も大切になります。

ここでリフォームローンのメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

リフォームローンは業者で紹介してくれると思いますので、分からない場合は一度業者に相談してから金融機関に相談に行くと良いと思います。

メリットですが、リフォームローンは他の通常のローンと比較して金融機関によって担保が無くても借りる事が可能です。

更に金利もかなり低いですので返済の負担が軽減されるメリットがあります。

審査に対しても住宅ローン程の厳しさは無い為に、比較的審査が通りやすいと言うメリットがあります。

そして返済期間も10年からと長期間返済が出来る様になっているので、月々の生活費に支障を出さずに返して行く事が可能です。

対してデメリットですが、担保が有る場合は金利が安いと言うメリットがある反面、申込時の諸費用があると言うデメリットがあります。

担保が不要の場合は、諸費用が不要と言うメリットはありますが、返済期限が短めに設定されている事と、融資する為の限度額も担保有りと比較して低めに設定されていると言うデメリットがあります。

こうしたメリットやデメリットをよく検討してリフォームローンを組む様にしていきましょう。

 - リフォーム, 補助金・助成金