新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

ドアの調整を簡単に

      2016/01/29

 

スクリーンショット 2015-02-19 10.58.17

室内で長い時間の暖房をしているとドアが開にくくなったり、床にこすれたりして困った経験はありませんか?最近のドアの基準は換気の法律が変わってから、隙間を開けるように設計されているので、あまりそうゆうことはおこりませんが。

一昔まえのドアは木製のドアだとなおさらのこと、暖房などで乾燥して縮んだり、または石油ストーブなどの湿気で逆に膨らんだりして、ドアが開きづらくなることがしばしばあります。

最近のマンションや住宅のドアは木製ではなくプラスチック製のものもあります。

木製の場合は空気中の水分を吸って膨らんだり、歪んでしまったりします。中には傾いてしまっているのに気がつかず、床が擦れてしまうケースもあります。

プラスチック製のものは木製のドアに比べると、比較的こういった不具合がおこりにくいです。

どちらのケースもドアのしくみを知っていると、不具合がおきたときにいちいち業者に頼まなくても、自分で調整することができます。

ドアにはいくつかの調整するネジがあります。ドアが傾いて床がこすれる場合はドア側についている縦長の丁番をドライバーで調整します。

ドアが前後に傾いている場合はドア枠側についている固定ネジをドライバーで調整します。

右回しまたは左回しで変わります。調整の詳しいやり方は次回に説明しますね。

業者を呼ぶことなく、自分で簡単に!しかもドライバー1本あればできます!!ドアの調子がどうもおかしい??と思ったら、まずはご自身で挑戦してみることですね。

screwdrivers-1073515_1280

 - リフォーム, 補助金・助成金