新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

トイレリフォームの考え方のポイント

      2015/03/20

トイレは家の中でも特別な空間です。

きれいで快適にしておきたいと思うでしょう。

そのためトイレのリフォームを考えるご家庭も多いのですが、どのようなリフォームがいいのか悩んでしまいます。

まずは施工会社などに相談してみることでしょう。

ただ、リフォームありきの相談では、価格や便器の形などがメインの話になってしまいます。

リフォームの目的を明確にすることが大切でしょう。
トイレの便器はどれも同じだと思っていませんか。

実はメーカーによって微妙に違いますし、同じメーカーでも形によって違うのです。

便器だけを見るのではなく、壁紙やトイレットペーパーの取り付け位置など気になるところはたくさんあります。

最近の便座は温水洗浄便座が主流ですね。

便器と一体型になっているタイプもありますが、別売りで後から取り付けられるタイプもあります。

トイレをリフォームせずに便座だけを交換することができるのです。

まずは自分の家のトイレがどのような形になっているかを確認しましょう。

インターネットで調べてみるとすぐにわかります。

便器にはメーカーと型式が記載されています。

和式トイレを洋式にリフォームするケースが一番多いかもしれません。

高齢者がいるご家庭では、手すりなどを付けると助成金が支払われるリフォームも自治体ごとに実施されています。

トイレのリフォームは10年後、20年後を見据えて行うべきでしょう。

施工会社がそこまで考えてくれるとは思えませんから、家族でじっくりと話し合ってくださいね。

トイレリフォームの考え方のポイント

 - 補助金・助成金