新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

住宅購入のポイント

      2016/01/30

business-962354_1920

住宅購入において、抑えておきたいポイントがいくつかあります。

まず住宅販売のチラシに書いてあることを鵜呑みにしないということです。

新築住宅でも中古住宅でも同じ注意が必要です。

建物がいかに良いかということしか書かれておらず、都合の悪いことはまず書いていません。

良いことばかりが並べられているので、何も欠点がない素晴らしい物件のような気がしてきますが、そこに注意が必要です。

あまり見て欲しくないものは隅のほうに小さな文字で書いてあったりもするので、そういう部分も見逃さないようにしましょう。

チラシを見てその業者に頼んだとしても、実際に建てるのは違う業者ということもあります。

業者から下請けへ、さらにその下の孫請け、さらに下のひ孫請けという流れもありえます。

下に回れば回るほどリベートが引かれていきますので、実際に施工する業者がもらう代金は、こちらが支払った半分になってしまうこともあります。

施工主は払った分のものを要求するわけですから、何とかして見えない部分でコストダウンをしなければなりません。

そうすると、自ずと建物の質が低くなってしまいます。

そういった背景もあるため工事請負契約書に「第三者に工事を請け負わせることを施主が了承すること」という一文があった場合は注意が必要です。

有益な情報を得る手段として有効なのは、実際にその周囲に住んでいる人に話を聞くことです。

時間帯によっては騒音が気になったり、周囲の生活環境が影響します。

昼間や夕方、そして夜にはどういった生活環境なのかなども確かめておく必要があります。

営業担当者はなんとか購入してもらう流れにもっていこうとしているので、都合が悪い情報はあまり話しません。

そこに住んでいる人ならば利害関係もないので、営業担当者が言いたくなかったような本当の地域情報を教えてもらえるかもしれません。

弊社では住宅購入に関するアドバイスも行っております。

お気軽にお電話くださいね。

 

 

 

 - リフォーム, 補助金・助成金