新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

セーフティネットの工事が終了しました。

      2016/01/30

tatuhiko

 

セーフティネットの工事が終了しました。

 

今回は新潟市中央区のマンションの床の段差解消工事と、新潟市西区のアパートの外壁修繕と節水トイレの工事でした。

 

工期はマンションが約2週間。アパートは10日間程度でした。

 

何箇所も工事が重なることはままありますが。

 

同じ国土交通省のセーフティネットの工事が重なったのは今回が初めてでした。

 

7月から完了報告書の内容が少し変わったので、何回も申請をしているとはいえ四苦八苦でした。

 

しかし、工事期間は10月という紅葉の秋でしたからなんとかお天気にも恵まれて両方の工事ともに予定の工期よりも早く終了することができました。

 

アパートの場合は最初に近隣の一般住宅の方々に「いついつから工事に入ります」というご挨拶をします。

 

アパートが学生さんがほとんどのアパートであれば、昼間は大学に行かれるので外壁や共有部分の廊下・階段などの塗装は一部屋ごとに声をかけながら塗装の準備にかかります。

 

たまに声をかけたにも関わらず、30分くらいで階段を降りて来られて足あとだらけで、ビックリして塗装しなおしたこともありますが^^;

 

マンションは工事にとりかかる前に管理組合に工事の申請をします。

 

管理人さんに届けて済む場合と、場所によってはマンションの管理組合の理事長さんに挨拶に行かないといけない場合もあります。

 

そこは管理人さんが教えてくれるので臨機応変に対処します。

 

工程表を提出する場合は実際の工期よりも少し長めがいいです。外壁や共用部分の工事があると天候によっては送れる場合がありますから。

 

工事が終了したら。もちろん。アパートであれば近隣のかたに「工事が終了」した旨をお知らせし。

 

マンションも同じように管理人の方や理事長さんにご挨拶して終了です。

 

今回の工事は国の補助金を利用しての工事でしたので期間が限られていて少々苦労しましたが。

 

これもまた勉強です。四苦八苦して申請して、許可を得て。

 

また工事の完了報告をして。結果お客様に喜んでもらえる仕事をすることが私にとっては次回の仕事の励みになります。

 

秋晴れの日が続きますが。これから新潟は長い冷たい冬に突入です。

 

暖房対策をしっかりして長い冬を乗り切りたいものです。

 - リフォーム, 補助金・助成金