新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

エコジョーズとエコキュートの違いについて

      2016/01/30

スクリーンショット 2016-01-29 21.36.28

エコジョーズとエコキュートの違いについて詳しく調べてみました。

 

エコジョーズとエコキュートは見た目、仕組み共に全く異なります。

 

エコジョーズは潜熱回収型給湯器と呼ばれ、これまで無駄にしていた排熱を利用して、効率よくお湯を作る給湯器になります。

 

瞬間湯沸かし式だから見た目もコンパクトで置き場所にも困りません。大きさはエコキュートの10分の1程度です。

 

しかも、必要な時に必要なだけお湯を沸かせます。

 

エコキュートはガスではなく深夜電力を利用して、お湯を作りますので深夜の時間中に運転開始し、電気で貯湯タンクの中にお湯を貯めるタイプの給湯器になります。
またヒートポンプユニットと貯湯タンクが必要なため、庭やベランダにある程度のスペースが必要になります。

 

エコジョーズは大気中に不要な熱の放出を低減し、CO2排出量の削減、地球温暖化防止に貢献します。

 

従来の給湯器からエコジョーズに取り替えると年間約235kg(ブナの木に換算すると約47本分)のCO2が削減できます。

 

しかし、エコジョーズとエコキュートのトータルコストを比較した場合、ほぼ変わりません。

 

エコキュートの方がランニングコスト(給湯の燃料代)は安いのですが、イニシャルコスト(設備代金)が圧倒的に高いのです。

 

また、エコキュートはヒートポンプが故障した時に、買換えになるケースが多いようです。

 

以上のような結果から最近ではエコジョーズに買い換える住宅が増えているようです。
新潟市ではこのエコジョーズやエコキュートの他にもエコフィールやエコウィルなども助成を受けられる制度があります。

 

健康すまいリフォーム支援事業などを上手に利用してリフォームの金額を少しでも抑えられるよう、弊社では申請の代行も行っております。

 

まずは、リフォームの計画を立てるまえにお電話でご相談いただければと思います。

 

 - リフォーム, 補助金・助成金