新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。少しでも不便な箇所があるという方は、一度ご相談下さい。 2代にわたり誠実と信用をモットーに55年という長い経験を活かして、女性建築士目線でサポートで理想の住まいの提案をいたしております。

*

暖房を工夫することで電気代を節約

   

twilight-532720_1280

電気代の値上げが予想される時代となりました。
そこで注目されているのが暖房を工夫することで電気代を節約することです。

 

 
暖房自体を節約することは快適な暮らしを損なうことになります。
そうではなく、効率よく暖房をすることで結果的に電気代を抑えることができるのです。

 

 
方法は様々です。

 

 
市販の節約グッズを購入することもいいですし、自分なりに工夫することも可能です。
考え方の基本は、放熱を防ぐことです。

 

 
一度温まった空気は放熱がなければずっと暖かいままです。
放熱を防ぐことができれば電気代は減ります。

 

 
また、同じ電気代でも発熱を大きくするアプローチもあるでしょう。
熱変換効率が高い暖房器具を使用するのです。

 

 
私たちの生活は暖房なしでは過ごせません。
もちろん、住んでいる地域によって冬の寒さは違います。

 

 
昔から行われてきた暖房方法もあるでしょう。

 

 
一般的に言われているのは、北海道などの寒い地域の方が部屋の中は暖かいと言うことです。
これは隙間風が入ってくるのを防ぐような家屋の構造になっていることが一番大きな理由です。

 

 
最近の暖房器具は省エネを意識した仕様となっています。

 

 
快適であっても、電気代が高くつく商品は敬遠される傾向にあるのです。
あなたは暖房費の節約のためにどのようなことに注意を払っていますか。

 

 
全く節約をしていないと言う人はいないでしょう。
程度問題なのです。

 

 
隙間風を防いだり、窓からの冷気を防ぐビニールシートなどが人気は高いようです。
グッズの購入費と電気代の節約効果をどのようにバランスを取るかが重要です。

 

 

では、電気ストーブはどうなのでしょう。

 

 
電気ストーブはどこでも気軽に暖めることができますから、暖房器具としては使いやすいものです。
しかし、その電気代はどれくらいになるのでしょうか。

 

 
電気代を節約したいと考えている人が暖房器具として電気ストーブを選ぶことが正しい選択なのでしょうか。
もちろん、電気ストーブのメーカーによって、その性能や消費電力は異なっています。

 

 
強力に暖めるタイプほど、電気代がかさむことは容易に想像できます。
エアコンなどストーブを比較した時に、暖房効果はどのように違うのでしょうか。

 

 
電気ストーブは空気を暖めるわけではありませんから、部屋全体が暖まることはありません。
電気ストーブのヒーターに面した部分だけが暖まります。

 

 
近くに物を置いていると、発熱で発火してしまうこともあります。
電気は火事の心配がないと言いますが、電気ストーブだけは例外ですね。

 

 
電気ストーブで火事になるケースも毎年のようにあります。
電気ストーブが一部分だけを暖めることから、一人だけを暖める道具としては効率よくなります。

 

 
勉強のために机に座っている場合はその近くに置いておけば十分暖かくなります。
部屋全体を暖めても、電気代の無駄になってしまうのです。

 

 
電気代を節約しようと言う傾向は、東日本大震災以降、かなり強くなっています。
暖房器具を購入する時も、どのような目的で暖房をするかを考えることが大切です。

 

 
ただ、器具代と節約できる電気代を考えておかなければなりません。
高い商品を購入すると、トータルコストが高くなってしまうこともあるからです。

 

 

いろいろと自分の目で確かめて、工夫しないといけない時代なのかもしれません。

 - リフォーム